コラム

納得できない!なぜ妻の浮気で離婚しても養育費は払わなければならないのか?

妻の浮気は養育費の額に影響しません。

というのも養育費は子供を育てていく費用ですから、夫婦間で起きた問題で変わるものではないということです。

当記事では、妻の浮気で離婚しても親権や養育費などは夫にとって不利になってしまうのかを紹介していきます。

 

養育費の相場と支払期間

浮気による養育費は払いたくない・・・。

養育費の相場とはどれぐらいなのか気になりますよね。
実は、養育費は支払義務者の収入と子供の年齢で決まってしまいます。

つまり、

  • 夫の職業が自営業かサラリーマンかどうか
  • 子どもの年齢、人数

この2点に焦点が当てられます。もちろん女性でも養育費を支払わなければいけない義務はあるのです。

 

養育費の平均支払額

子供の年齢が上がれば学校の進学などにお金がかかるから高めになります。

となっても具体的にいくらなのか?これには大まかな目安があります。

  • 子供1人 0歳~14歳(中学生まで)約4~6万円
  • 15歳~20歳(高校生から成人するまで) 約6~8万円

養育費を減額させない方法はどうすればいいのか?

あくまで目安なのですがここで家庭裁判所にある程度の相場があるので気になる方はどうぞチェックしてみてください。
https://www.courts.go.jp/toukei_siryou/siryo/H30shihou_houkoku/index.html

 

養育費はいつからいつまで支払う?

養育費を払う期間っていつなのかって気になりませんか?
それは子供が成人して自立するまでというのが一般的な考えとなります。

そのために注意しておくべきことが3つあります。

  • 養育費の合意はなるべく文書で残す
  • 離婚協議書を作成し、双方で保管
  • 拘束力の強い公正証書にして保管

但し、妻に対しても慰謝料請求が可能なのですが、離婚問題となりスムーズ事を運びたいとお考えであれば弁護士への依頼を検討したほうがいいでしょう。

 

妻の不倫を理由に離婚 子供の親権はどうなる?

正確には妻と離婚しようとしても、子供の親権を決めるまで離婚することはできないことは知ってましたか?

子供の福祉が最重視される中で親権をどっちにするのかを決めなければなりません。

親権を決める際に判断される5つの要素

親の要件

  • 1.これまで子供といかに触れ合い、愛情を注いできたかの実績
  • 2.これからも面倒をみれるかどうか
  • 3.子供と一緒に長くいられる時間が長いか
  • 4.心身ともに健康であるか
  • 5.経済が安定しているか

子の要件

  • 1.子供の意思
  • 2.年齢、兄弟の有無
  • 3.どちらの親と結びつきが強いか
  • 4.生活環境の変化の大小

ある程度このあたりを押さえておくことが必要です。

なにしろ妻が不倫をしたとしても親権は圧倒的に女性が有利という事実があるからです。
一般的に父親が仕事をしているのが多数なので、子供の面倒をみるということで圧倒的な不利になってしまうからです。

ですから幼い子供は父親よりも母親と暮らした方が福祉に適うという母性優先の原則があります。
この子供の福祉が一番大事にされますので、親権を勝ち取りたいと思うのであれば相当の覚悟は必要となるでしょう。

浮気をした妻に親権が認められないケース

浮気をした妻から親権を取るためにやるべきこと
やはり母親のほうが通常は有利となりますので、親権をとるために準備をすることがあります。

父親が親権を取れるケース

  • 母親の子育てに致命的な問題がある場合
  • 父親が専業主夫である場合
  • 夫婦別居しており、子供が父親と同居している場合
  • 子供(15歳以上)が父親と暮らしたいという意思がある場合
妻の浮気 離婚 まとめ
妻の裏切りで離婚、修羅場になる前にやっておくべきこと

妻が浮気しているか怪しいと不安ではありませんか? 妻が浮気?離婚になると修羅場になる! 家事が相当手抜きになっている割に外見磨きに相当時間をかけている 浮気しているというけど、本当の真実を知りたい 相 ...

続きを見る

-コラム
-, ,

© 2022 妻の浮気で離婚、修羅場まとめ!ドロドロ復讐劇であなたならどうする?